風邪を引くと嬉しい

「体を使っているうちに、或る一部分が偏り疲労の潜在状態になって、そういう部分の弾力性が欠けてくると風邪を引き、風邪を引いた後、回復してくる。それで私は風邪は病気というよりも、風邪自体が治療行為ではないかと考えている。」(野口晴哉 著 「風邪の効用」)
 
先日、久しぶりに風邪を引きました。
喉が痛くなって唾を飲み込むのも辛い。
それで愉気したり足湯したりしていつもより長く寝たら、翌朝は大分症状が改善しました。
 
野口整体では「風邪は治療するのではなく経過するもの」と考えます。
風邪をきちんと「経過」することによって体が整います。
体が敏感な人は、必要が生じるとすぐに風邪を引いて体を整えることが出来るのです。
だから、風邪をひくのが好ましくないこととは考えないわけです。
そして体が敏感な人ほど、風邪は長引かずに短時間で経過します。
一方、風邪を引かない人には2種類あります。
 
本当に丈夫で体に適った生活をしている人か
体が鈍すぎて必要があっても風邪をひけない人です。
 
つまり、「風邪をひくことも出来ない状態の体」というのがあるわけです。
こういう人は自分で丈夫だと思って勘違いしていると、
突然重たい病気になったりすることがあります。
 
風邪を生かして体を整えるには、風邪をきちんと「経過すること」が大切で、
例えば薬で咳を止めたり熱を下げたりしてしまうと、
症状は軽くなるかもしれませんが
「体を整える」という効果は得られません。
風邪をひく前より返って体が重くなったりします。
 
整体師の私にとって、風邪をひいた時は、
自分の体のどこに弾力を失った部分があって
それが風邪の症状の経過とともにどんなふうに変化していくのかを
自分の体でつぶさに体感することが出来る絶好の機会です。
 
もちろん、「げほげほ、ずるずる」しながらお客様の整体をするわけにはいかないので
仕事の時間までにはなんとしても、それなりに回復していないといけないわけですが
少しでも早く経過させるために、あちこち動かしてみたり、愉気してみたり
必死に工夫していろんな策を講じることと、
その効果の有る無しを身を以て体感することもまた、
整体師的にはとってもオイシイ体験なわけです。
 
だから、風邪をひくとちょっとワクワクして、嬉しくなるのです。
ちなみに、先日の風邪は、喉の痛みは一晩で経過しましたが
その後軽く鼻水の排泄が続き
完全に偏り疲労が抜けるまでには数日かかりました。
 
整体の創始者、野口晴哉は自分の風邪は40分から2時間くらい、
あるいはくしゃみ20回で経過したそうですから、私はまだまだです。
 
#整体 #野口整体 #滋賀県 #彦根市 #岐阜県 #三重県 #風邪の効用